昭和44年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
何ヶ月か前に病院にて非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状が気になりこちらにご相談に来られました。
 
症状としては胸の痛みだるさ息苦しさが出ているとの事。
咳や痰は朝方と寝る前に酷く、痰の色は黄色とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、寝る前に少し咳が出るかな位まで減っているとの事。
身体のだるさも取れ、息苦しさ、胸の痛みも調子が良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、先月は少し咳が出る事があったが今月は全くなくなったとの事。
最初おっしゃっていた症状はほとんどなくなったそうです。
 
漢方服用開始から11ヶ月、一時期風邪を引き調子が悪くなったが、今は咳も止まり調子が良いとの事。
調子が良いので菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回にさせて頂きました。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、調子が良いので肺を潤す煎じ薬を最初の1/3量まで落としましたが調子が良いとの事。
咳も出る事なく元気に過ごしているとの事でした。
 
量を落としても調子良く過ごせているとの事。
順調に改善が見られているので、引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。