昭和20年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・疲れの方になります。
 
5.6年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
暫く症状はなかったが、咳や痰・息苦しさが気になりご相談に来られました。
 
咳や痰は気温差がある時に少し出るくらいとの事。
一番気になる症状としては疲れ息苦しさとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③脾虚を改善する煎じ薬
(脾虚とは、身体の疲れになり脾虚がおこると微熱・体重減少・食欲低下・疲れなどが起こります。)
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、毎年9月になると調子が悪くなるのが今年は調子良く過ごせたとの事。
風邪を引く事もなく元気に過ごせているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、引き続き息苦しさ・疲れ共に調子が良いとの事。
最近は咳に関しても調子が良いとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、咳や痰・疲れ共に調子が良いとの事。
調子が良いので菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回に落とさせて頂きました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、疲れも全くでないとの事で「脾虚を改善する煎じ薬」の代わりに「水の流れを良くする煎じ薬」を出させて頂きました。
喉のイガイガがあったのですが、それもなくなり咳も前よりも少なくなっているとの事。
 
疲れも咳・痰もなく調子が良いとの事。
順調に改善が見られているようなので安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。