昭和40年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
4年ほど前に会社の健康診断で影が見つかり病院でCTを撮った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
体重減少などの症状が気になりご相談に来られました。
 
症状としては体重減少が気になるとの事。
他にも風邪を引くと喉の痛みや長引く咳が気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、寝ている時に咳が出る事はあるが、風邪を引くことなく過ごせているとの事。
調子は悪くないとおっしゃっていました。
 
今までは少し疲れるとヘルペスが出来ていたが、今は出来ずに過ごせているとの事。
ヘルペスは免疫が落ちた時に出やすい為、免疫が落ちずに過ごせているとのだと思います。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。