昭和22年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
3年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
暫く病院のお薬で様子を見ていましたが、1年ほど前より痰と咳が増えたのでこちらに相談に来られました。
 
症状としては朝方の痰と咳、少しずつ減っている体重が気になるとおっしゃっていました。
痰の色としては透明~黄色の痰が出てしまうとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痰の量も少なくなり咳も良くなっているとの事。
体調良く過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、咳も痰もほとんど出ていないとの事。
体重も増えてきているそうです。
 
漢方服用開始から9ヶ月、先日病院に行った所、影がなくなっていると病院の先生に言われたそうです。
 
漢方服用開始から1年、調子が良いので「菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬」を1日2回から1回へ減らし、肺を潤す煎じ薬(気管支拡張症の漢方薬)を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、透明の痰が少し出る程度で他に気になる症状はないとの事。
順調に過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、風邪も引く事なく元気に過ごされているとの事。
透明な痰は少し出るがほとんど気にならないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、朝に透明~微量の黄色の痰が出ているとの事でしたが、気にならないくらいとおっしゃっていました。
調子は良いとの事。
 
漢方服用開始から2年、少し痰は出るが、調子が良いので今回で「菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬」は治療終了とさせて頂きました。
調子も良く元気に過ごしているとの事。
 
最初の頃は上を向いたらしんどくなる事があったが、最近は調子良く上を向いても調子が良いとの事でした。
煎じ薬に関しては気管支拡張症があるので様子を見ながらなくしていこうという話しになりました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。