昭和25年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
10年位前に病院のCTとレントゲンにて「非結核性抗酸菌症」、1年ほど前に咳が止まらないので病院に行った所「気管支拡張症」と診断されたそうです。
症状が出始めたので不安になりご相談に来られました。
  
症状としては咳や痰の絡み血痰が気になるとの事。
特に疲れが出た時に咳や痰は酷くなるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、咳が出る時が少なくなってきているとの事。
良くなっている感じはあるとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、朝方に咳が出る事はあるが大分楽になっているとの事。
漢方薬を飲み始めてから血痰がなかったが、今回少量だけ出てしまったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、調子は良いとの事で菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落としました。
 
漢方服用開始から1年、痰は全く出なくなっているとの事。
咳は多少出るくらいでほとんど気にならないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、まだ朝に少し咳が出るが、ほとんど出ないで済んでいるとの事。
調子良く過ごしているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、咳もほとんど出る事がなく、痰も出ていないとの事でした。
体調良く過ごしているとの事。
 
体調良く過ごされているようで安心いたしました。
咳も痰もなく過ごされているとの事なので、引き続きこの調子が続くと何よりですね。