2019 09/24 非結核性抗酸菌症(肺MAC症)[1年6ヶ月]

昭和19年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
5年半ほど前に病院にて「非結核性抗酸菌症」と診断。
経過観察中で病院では咳止め(フスコデ)を飲んでいたが症状が悪化してきている為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としてはが気になるとの事。
咳は朝方夕方が酷く、痰は透明の痰が日中に良く出てくるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳と痰が今までの半分くらいまで減っているとの事。
特に話している時の咳が気になっていたがそこはなくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、痰に大きな変わりはないが、咳に関しては大分良くなっているとの事。
咳が少なくなり楽になっているとの事でした。
 
漢方服用開始から8ヶ月、まだ痰は気になるが、体調は悪くないとの事。
風邪を引く事なく過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、咳や痰が全体的に減ってきているとの事。
調子の改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、咳や痰はまだ出ているが、前よりも減ってきているとの事。
順調に改善が見られているとの事でした。
 
調子の改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。