昭和20年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
10年以上前に病院で「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」と診断。
病院のお薬(リファンピシン、ムコソレート、カルボシステイン)を服用したが症状が悪化してきている為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「痰」「咳」「息苦しさ」「疲れやすさ」が気になるとの事。
痰の色としては「黄色の痰」になり、咳は起きた時が一番酷いとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺の炎症を取る煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、一番の変化は食欲が増えた事とおっしゃっていました。
痰の量も少し減少したとの事。
 
漢方服用開始から3ヶ月、調子を崩したときはあったが今は咳や痰が少し落ち着いたとの事。
少しずつ変化はあるとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、「肺の炎症を取る煎じ薬」を「炎症を取る煎じ薬と膿を除く煎じ薬」に切り替えた所、体調良くなっているとの事。
咳や痰も少なくなっているとの事でした。
 
調子の改善が見られているようで安心いたしました。
漢方薬の種類を変え良い方向に向かっているので、引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。