昭和30年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・身体の疲れの方になります。
 
4年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
しばらく無症状だっが、最近になり「息切れ」「疲れやすい」「身体がだるい」などの不調が出てきたという事でこちらに相談に来られました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、倦怠感が改善している感じがあるとの事。
調子は良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、疲れにくいという実感がありだるさも取れているとの事。
息切れもそんなに感じないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、疲れ・息切れ共に順調に良くなっているとの事。
病院に行った所、影の改善も見られ先生に驚かれたそうです。
 
漢方服用開始から1年5ヶ月、冬になって寒くなったけど風邪も引かずに元気に過ごされているそうです。
一度血痰が出たが、今は調子が良いとの事でした。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、引き続き体調良く元気に過ごされているとの事。
最初感じていただるさも全くなく今はすごい元気に過ごしているとの事でした。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
この調子で過ごせればもう少しで治療終了なので、このままの調子でそこまで過ごせると何よりですね。