昭和42年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症」の方になります。
 
数ヶ月前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症と診断。
病院のお薬は飲むのを避けたいという事でこちらにご相談に来られました。
 
症状としては喉の詰まり朝起きた時の咳が気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、喉のつまりもなく調子が良いとの事。
他の症状も良くなっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、順調に過ごしているとの事。
症状も出ていないので楽になっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、風邪を引いてしまい一時期咳や痰の症状が悪化してしまったが、順調に改善が見られました。
今は少し咳や痰が出ているが調子良く過ごしているとの事。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、良くなってきているが、まだ咳が気になるとの事で菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落とし「炎症を取る煎じ薬」を出させて頂きました。
煎じ薬を1ヶ月飲んだ所、咳や痰が大分良くなっているとの事。
 
漢方服用開始から1年7ヶ月、咳が少し出るくらいですんでいるとの事。
咳・痰ともに少なく調子良く過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、咳・痰ともにほとんど出ることなく過ごせているとの事。
体調良く過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から2年、体調良く過ごせていて、咳や痰もないとの事で治療終了とさせて頂きました。
身体の調子も良く元気に過ごせているとの事。
 
咳や痰も止まり体調が良い状態が続いて安心いたしました。
漢方薬を治療終了しても今の調子が続くと何よりですね。