昭和23年生 女性
 
4年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
痰が絡むのが気になりご相談に来られました。
 
症状としては、咳をする事はほとんどないが一番は痰が気になるとの事。
緑色の濃淡になり、朝方に良く出ているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、何となく痰の絡みが少なくなっているとの事。
痰の出方も1ヶ月で変わったから効いている感じはするとおっしゃって頂きました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、先日病院に行った所、影の状態も改善していて「大きくあった空洞がなくなっている。」と病院で言われたそうです。
 
漢方服用開始から10ヶ月、朝方の痰のみがどうしても気になるとの事。
今までの漢方薬を1日1回に変更させて頂き、気管支拡張症に効く煎じ薬を1日1回出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年5ヶ月、クーラーの時期に少し痰が気になる事があったが、今はほとんど出る事がなくなっているそうです。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、調子の改善も見られているので、今回の漢方薬で「菌を除去する漢方」と「免疫を上げる漢方」を治療終了させて頂きました。
 
漢方服用開始から2年5ヶ月、気管支拡張症の煎じ薬を飲んでいるので調子が良いとの事。
 
寒くなってきているので少し心配しましたが、調子良く過ごされているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で悪化することなく過ごせると何よりですね。