昭和22年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症」・「血痰」の方になります。
 
1年ほど前に病院のレントゲンで非結核性抗酸菌症と診断。
クラリス・リファンピシンなどのお薬を飲んでいるが症状が酷くなっている為、こちらに相談に来られました。
 
症状としては「血痰」が一番気になるとの事。
血痰以外では「息苦しさ」が最近出てきたとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③血流を改善する粉薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、血痰・息苦しさ共に改善が見られているとの事。
病院のレントゲンでも改善が見られていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、たまに息苦しさを感じる時はあるが調子良く過ごせているとの事。
血痰も出る事なく過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、先日病院に行った所、ほとんどの影が消えていたとの事。
大きくあった空洞の影もなくなり調子も良いとの事でした。
 
漢方服用開始から11ヶ月、引き続き調子良く過ごされているとの事。
調子も良いので菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落としました。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。