昭和51年生 女性

風邪も引きずらくなり、痰の調子も良くなっているそうです。

2年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状としては、痰が出やすくなり風邪が治りずらくなってきているとの事でこちらにご相談に来られました。
気管支拡張症も併発しているそうで、後々はそちらも治療したいとの事。

漢方の種類としては、

①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
③線維化の錠剤

の3種類の漢方薬を出させて頂きました。

漢方治療開始から4ヶ月、痰の量は若干減ったくらいだが、痰の色が変わったとおっしゃっていました。
元々は膿痰で黄色が強かったのが透明になっているとの事。

漢方治療開始から6ヶ月、漢方を飲み始めてから風邪を引きずらくなっているとの事。
風邪を引いても早く改善しているので楽とおっしゃっていました。

漢方治療開始から11ヶ月、先月より非結核性抗酸菌症の漢方薬の量を減らし気管支拡張症の煎じ薬を使わせて頂きました。
煎じ薬の効果もある為か、痰の量も改善しているように思うとおっしゃって頂けました。

痰の改善が見られるまでは少し時間がかかりましたが、良い方向に向かっているように思います。
今からの時期は風邪を引く事が一番心配になってきますので、風邪には十分注意して頂くようにお伝えしました。
今の調子のまま改善が見られると何よりですね。