昭和29年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
3年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
病院のお薬にて治療をしていたが、カンジタ菌に感染したため服用中止になりこちらに相談に来られました。
 
自覚症状としては、特に咳や痰が出たりするわけではないとの事。
 
気になる症状としては、「胸の痛み」「つかれ」が気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、「胸の痛み」と「つかれ」ともに大分良くなったとおっしゃって頂けました。
また、病院に行った所、影も薄くなっていると言われたとの事。

漢方服用開始から10ヶ月、「胸の痛み」「つかれ」共に全くなくなっているそうです。
元気に過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、何ヶ月か前から調子が良いので菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回にさせて頂きました。
量を落としても調子が悪くなる事なく過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
控えていた運動も再会できているとおっしゃっていました。
調子も良いようなのでこの調子が続くと良いですね。