昭和26年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
1年前くらいに病院に行った所、「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」と診断。
他の漢方薬局で漢方をもらっていたが改善が見られない為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「だるさ」「咳」「透明の痰」が気になるとおっしゃっていました。
夜中になると出る事が多く、咳が出るたびに1時間ごとに起きてしまうとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③水の巡りを良くする煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、透明の痰・咳ともに改善が見られているとの事。(1日2回咳がでるくらい。)
だるさも改善してきて調子は良いとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、仰向けの姿勢がきつかったが仰向けでも咳は出ていないとの事。
喉への痰のへばりつきもなく、だるさもなく過ごしているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、引き続き咳はほとんど出ていないとの事。
仰向けでも出る事なく、だるさもないとの事でした。
 
漢方服用開始から1年1ヶ月、一時期だるさが気になったが、今は大分落ち着いてきたとの事。
咳や痰も気にならなく過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、体調が良いのでご旅行に行かれたそうですが、症状もなく元気に過ごせたとの事。
咳も痰もなく呼吸も楽に過ごせたとの事でした。
 
体調良く過ごせたようで安心いたしました。
行く気になれなかったご旅行も、気兼ねなく行けるようになったとの事でホッとしております。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。