昭和37年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは非結核性抗酸菌症・気管支拡張症・微熱の方になります。
 
17年ほど前に非結核性抗酸菌症・気管支拡張症と診断。
昨年の夏に風邪を引いた事がきっかけで症状が酷くなってしまったのでご相談に来られました。
 
症状としては年中出ている痰(黄色~緑色の痰)咳や痰微熱が気になるとの事。
今までは抗生物質(レボフロキサシン)で熱が落ちていたが、最近は落ちずらくなってきたとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③気管支拡張症の煎じ薬
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痰の量が多くて気になるとの事で先月「排膿作用のある煎じ薬」に変えて出させて頂きました。
微熱も治まり、だるさも良くなっているとの事。痰の量も少なくなったとおっしゃっていました。
 
普通は1ヶ月で漢方薬を変更する事はないのですが、痰が気になったので早目に変更させて頂きました。
改善が見られているようなので、引き続きこの調子で改善が見られていくと良いですね。