昭和34年生 女性

痰や息苦しさも改善。影も薄くなり体調も良くなっています。

2年前に病院で検査を受けた所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
痰がメインの症状になり、ストレスがかかると痰や息苦しさが酷くなるそうです。
 
他にも喀血・血痰がたまに出てしまうとの事で心配になりご相談に来られました。
 
漢方の種類としては疲れが出るとの事で、

①菌を除去する漢方
②免疫を上げる漢方
③疲れを取る煎じ薬(脾虚の煎じ薬)

の3種類を出させて頂きました。
(脾虚とは、東洋学的な言葉になり身体が疲れている状態です。微熱・食欲不振・体重減少なども脾虚になります。)

漢方服用開始から1ヶ月、痰が出る事が少なく疲れやすさも改善してきているとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、比較的調子良く過ごしているが、やはりストレスが溜まると痰や息苦しさが酷くなるとの事。疲れもそこまで感じにくい日が多くなっているので、ストレスを除く漢方薬に切り替えさせて頂きました。

漢方服用開始から6ヶ月、レントゲンとCTを撮りに行った所、一番濃く写っていた影が大分薄くなっていたとの事。「病院の先生からも朗報です。」と言われたそうです。

漢方服用開始から1年1ヶ月、ほとんど痰が出る事もなく過ごせているそうです。
疲れにくくなっている感じもあるとの事。

漢方服用開始から1年8ヶ月、痰は仰向けになると出る事があるが、ほとんど出なくなっているとの事。
体調的にも疲れにくくなっている感覚があるとおっしゃって頂けました。

漢方服用開始から1年11ヶ月、体調も良い状態が続き順調との事。
体力がついてきている感覚もあり、疲れにくくなっているとおっしゃって頂けました。

漢方を飲み始めてから2年近くになり、体調も良い状態が続いているので「今回の漢方薬で服用終了」とさせて頂きました。
 
最初にご来局された時はどこか「疲れているのかな…」という印象があったのですが、最近ではお元気そうなお顔の事が多いので安心いたしました。
 
漢方薬を飲まれなくなってもこの調子が維持でき、お元気なまま過ごせると何よりですね。