昭和30年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
CT検査をした所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の疑いと言われたそうです。
 
喀痰検査では陽性反応が出ないが、多分非結核性抗酸菌症(肺MAC症)で間違いないと言われご相談に来られました。
症状としては、痰のへばりつきが特に気になるとの事。

漢方薬の種類としては、

①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬

の2種類の漢方薬を出させて頂きました。

漢方治療開始から3ヶ月、まだ喉の違和感は取れないが、先日レントゲンを撮った所影が薄くなっていたとの事。

漢方治療開始から1年、頭痛など非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と関係ない症状は出ているが肺の方は順調との事。
菌を除去する漢方薬免疫を上げる漢方薬の量を1日1回まで減らしました。
 
肺に関しては順調との事で安心いたしました。
先日お会いした時は、他の症状の方がお辛そうでしたのでそちらの改善が見られてくると何よりですね。