昭和29年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」・「気管支拡張症」の方になります。
 
2年ほど前に気管支拡張症と診断、1年ほど前に非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
抗生物質は副作用で飲めなくなった為、こちらに相談に来られました。(唾液が出なくなる副作用。)
 
症状としては「息苦しさ」「咳や緑色の痰」が気になるとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳と痰が大分治まってきたそうです。
朝方の痰も気にならなくなっているとの事。
 
漢方服用開始から3ヶ月、先日病院に行ってCTを撮った所、「肺の影が薄くなっている」と病院の先生に言われたそうです。
痰や咳に関しては前回の時点で改善は見られていて、今月も調子良く過ごしているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、咳や痰は引き続き調子が良いとの事。
ただ口の渇きが気になるとの事で煎じ薬を微調整させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、口の渇きも改善が見られ調子が良いとの事。
調子が良いので少し前より菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を1日1回に減らす事が出来ました。
 
漢方服用開始から2年、調子も良いとの事で今回で治療終了とさせて頂きました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続き今の調子で再発する事なく過ごせると何よりですね。