昭和10年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
10年以上前より咳の症状があったが、昨年になり非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状が酷くなっているのでこちらに相談にこられました。
 
症状としては「激しい咳」「黄土色の痰」「息切れ」「体力の低下」などが気になるそうです。
 
特に夜中になると症状が酷くなるとおっしゃっていました。
  
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
③膿を取る煎じ薬
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、咳の回数が大分減り楽になっているような感じがあるとおっしゃっていました。
調子の改善が見られているとの事。
 
まだ息切れなどの症状はあるみたいですが、良い方向に向いているようで安心いたしました。
引き続き今の調子で改善が見られてくると何よりですね。