昭和22年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、不眠症(入眠障害)・気分の落ち込みの方になります。
 
2年ほど前よりストレスがかかる事がきっかけで眠れなくなり、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては、「寝つきが悪い」事が一番気になり、睡眠導入薬を飲まないと眠れないとの事。
 
眠りの調子が悪い為、身体が疲れている感覚があるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①自律神経の調節をする煎じ薬
②自律神経の調節をする錠剤
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、まだ抜かないようにお願いしていたのですが、睡眠導入薬なしでも眠れる時があるとの事。
身体の疲れも大分取れているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、調子が悪い時は睡眠導入剤は使う事があるが比較的眠りの調子は良いとの事。
気分の落ち込みも少なくなり調子は良いとおっしゃって頂けました。
 
少しずつですが、改善が見られているようで安心いたしました。
自律神経の調節をする事で「不眠」「気分の落ち込み」などの改善が見られホッとしております。
引き続きこの調子で改善が見られていくと良いですね。