昭和23年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、息苦しさ・動悸・疲れの方になります。
 
8年ほど前に違う病気が発覚してから不安になる事が多くなったとの事。
息苦しさや動悸などの症状が悪化している為、こちらにご相談に来られました。
 
一番気になる症状としては「疲れ」になり、少し動くだけでも疲れてしまうとの事。
疲れ以外の症状としては「動悸」「息切れ」が気になるとおっしゃっていました。
  
漢方の種類としては「自律神経の乱れ」からきているものと考え、
 
①自律神経の調節をする煎じ薬
②身体を元気にする煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、疲れはほとんどないとの事。
動悸はまだ大きな変化はないとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、引き続き疲れはなく、楽に過ごせているとおっしゃっていました。
息苦しさも少し軽減しているとの事。
 
漢方服用開始から5ヶ月、息苦しさも疲れもなくなり調子良く過ごしているとの事。
調子が改善して楽になってきているとおっしゃって頂けました。
 
調子の改善が見られ安心いたしました。
身体も楽になっているとの事で引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。