昭和31年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
4年くらい前に病院で「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」と診断。
最近になり症状が気になるようになってきた為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「咳」「痰」「胸の痛み」が気になるようになってきたとの事。
咳に関しては「むせるような咳」になり、痰は「白色~黄色の痰」とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
 
の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、むせるような咳がなくなってきているとの事。
調子は悪くないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、むせるような咳は引き続き出ていないとの事。
胸の痛みも最近はしなくなってきているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、症状も落ち着いていて調子は悪くないとの事。
順調に改善が見られているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、時々痰の絡む時があるが、調子良く過ごしているとの事。
順調に改善が見られているので、調子に合わせて量を調節して飲んでもらう事に。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、一度風邪をひいてしまったが、酷くならずに済んだとの事。
その後風邪をひく事もなく咳・痰も少ないとの事でした。
 
風邪も早期で改善して体調良くなっているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善がみられると何よりですね。