昭和30年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「喉のつまり」・「手足の痺れ」の方になります。
 
ここ2.3年、「喉の詰まり」「手足の痺れ」が気になるようになったとの事でご相談に来られました。
 
一番気になる時間帯は「寝る時」になり、寝ようとすると気になって眠れなくなるとの事。
酷い時は「不眠」の状態になるとの事でした。
 
漢方薬の種類としては、
 
〇詰まりを取る煎じ薬(気持ちを和らげる煎じ薬)
 
を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痺れはまだ気になるが喉の詰まりは取れたとの事。
煎じ薬を飲むと温まりホッとするとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、たまに気になる時はあるが、喉の詰まりはほとんど気にならなくなっているとの事。
少しずつ改善してきているとの事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、引き続き喉の詰まりもほとんど感じることなく、元気に過ごせているとの事。
体調自体も良い状態で過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、喉の詰まりなく体調良く過ごせているとの事。
疲れにくくもなっていて調子良く過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から8ヶ月、体調良い状態が続いているので詰まりを取る煎じ薬を1日1回に落とさせて頂きました。
疲れ・詰まりともに調子が良いとの事。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られると何よりですね。