昭和35年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」・「気管支拡張症」の方になります。
 
3年ほど前に病院に行って検査をした所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
病院では投薬と手術を勧められる為、漢方で治療が出来たらとの事でご相談に来られました。
 
症状的にはが気になるとの事。
特に風邪を引くと咳や痰が酷くなるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①免疫を上げる漢方薬
②菌を除去する漢方薬
 
の2種類の漢方を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、風邪を引く事がなくなったとの事。
引きそうになっても、酷くならずに治るとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、引き続き風邪を引く事なく過ごされているとおっしゃっていました。
又、先日病院に行った所影が消えている部分もあると言われたそうです。
調子が良いので、免疫を上げる漢方薬と菌を除去する漢方薬を減量、気管支拡張症に対する煎じ薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年5ヶ月、風邪を引く事もなくなり、ほとんど咳も痰も出ていないとの事。
病院でも影が薄くなっていると言われたそうです。
 
漢方服用開始から1年9ヶ月、引き続き咳や痰が出る事なく過ごせているそうです。
病院で調べる影も引き続き薄くなっていると言われたそうです。
 
漢方服用開始から2年2ヶ月、病院での検査でも引き続き良好、検査の日程を伸ばす事が出来ました。
調子自体も良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から2年6ヶ月、病院での検査でも引き続き良好、症状も落ち着いているとの事でした。
咳や痰も気にならないとの事。
 
調子良く過ごせているようで安心いたしました。
冬時期は心配との事で少し長目に治療期間を取らせて頂いた方になります。
順調に改善が見られ治療終了となった為、引き続きこの調子を維持できると何よりですね。