昭和33年生 男性

こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。

1年ほど前の検診で非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
 
咳や痰、胸の違和感が気になりご相談に来られました。
咳や痰は夕方~夜にかけて出る事が多いとの事。

漢方の種類としては、

①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬

の2種類を出させて頂きました。

漢方服用開始から5ヶ月、肺の違和感がなくなっているとの事。
調子よく過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から11ヶ月、咳や痰も改善しているとの事。
調子よく過ごされているので菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬は半分の量まで落とし、肺を潤す粉薬(気管支拡張症)を1日1回追加させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、ほとんど咳も出なくなっているとの事。
順調に過ごしているとおっしゃって頂けました。

調子の改善が見られているので安心いたしました。
漢方薬の分量も落とす事が出来ていますので、引き続きこの調子で改善が見られていくと良いですね。