昭和34年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
7年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
最近になり咳や痰が酷くなってきているとの事でご相談に来られました。
 
症状としては朝起きた時に一番酷く黄色の痰が続いているとの事。
他の症状としても微熱息切れも気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、息切れはまだ出る時があるが、微熱が出なくなっているとの事。
咳や痰も全体的に少なくなっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、咳・痰・微熱の症状はほぼなくなっているとの事。
咳や痰も大分少なくなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、微熱も出る事がなくなり、咳や痰に関しても調子が良いとの事。
風邪も引くことなく過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年、咳や痰もほとんどなく過ごしているとの事で「菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬」を1日2回から1回へ減らさせて頂きました。
息切れがまだ大きく変わらないとの事で「呼吸を楽にする錠剤」を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、朝方に咳は出るがそんなに酷く出る事はないとの事。
中々改善が見られなかった息切れが「呼吸を楽にする煎じ薬」に変えたら改善が見られました。
 
咳などに関しては調子が良かったのですが、苦戦していた呼吸が少し楽になってきたようでホッとしました。
少しずつ良い方向に向いているので引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。