昭和31年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」・「気管支拡張症」・「微熱」の方になります。
 
1年ほど前に症状が酷くなったので病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
病院のお薬(アスベリンやプレドニン)などもあまり効かない為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては微熱日中の咳とおっしゃっていました。
咳は昼間に出る事が多く、痰は黄色~緑色との事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、微熱に関しては全く出なくなり、身体の疲れに関しても調子が良いとの事。
咳や痰に関しては一時期良かったがクーラーで調子を崩したとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、2ヶ月前に咳と痰を早目に治したいとの事で「肺を潤す煎じ薬」を出させて頂きました。
痰はまだ絡む事があるが、咳はほとんど出なくなっているとの事。
 
漢方服用開始から9ヶ月、咳や痰は少しずつ改善が見られてきているとの事。
体調も良くなっている感じはあるとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、咳の種類が変わってきたので「肺の炎症を取る煎じ薬」に変えた所、痰の絡みも少なくなり調子が良くなっているとの事。
息苦しさも少なくなり調子は良いとの事でした。
 
調子の改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子のまま改善が見られていくと何よりですね。