昭和16年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症の方になります。
 
3年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
病院のお薬を飲んでいたが、症状がどんどん悪化するのに困りご相談に来られました。
 
症状としては、体重減少との事。
痰は黄色~緑色、透明の事もあるとおっしゃっていました。
肺はどちらも1/2ぐらいしか機能しかないと病院で言われたそうです。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬(咳や痰の漢方薬)
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。

漢方服用開始から3ヶ月、咳や痰が少し治まり元気になってきているとの事。
炎症反応(CRP)も落ちていました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、先日肺炎をおこし入院していましたが、退院後調子が良くなり食事もとれるようになっているとの事。
少しずつ調子が良くなってきている感じがするとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年1ヶ月、咳もほとんど出なくなっているとの事。
調子が良いので菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回にさせて頂きました。
 
最初5.0くらいあったCRP(炎症反応)が今では1.0以下まで下がりました。
咳も少なくなっている為、炎症が改善しているのだと思います。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。