昭和27年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症の方になります。
 
10年以上前に非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
最近では風邪を引くと悪化しやすく、肺炎になってしまう事が多いとの事で相談に来られました。
 
症状としては、息切れ夜に酷くなる痰になり咳止めや痰きりを使っても改善は見られないとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③気管支拡張症の漢方薬(肺を潤す作用のある煎じ薬)
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、まだ完全になくなった訳ではないが、痰や咳の調子も改善してきているとの事。
全体的に良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、大きな風邪をひいてしまったとの事で煎じ薬を「脾虚(疲れを取る)の煎じ薬」に変えさせて頂きました。
 
漢方服用開始から8ヶ月「脾虚(疲れを取る)の煎じ薬」に変えてから風邪を引いていないそうです。
風邪を引きそうになっても何とかひかないでいるとの事。
 
漢方服用開始から11ヶ月、夏に調子を崩す事があったが順調に過ごせたとの事でした。
引き続き調子も良く風邪も引いていないとの事。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、調子も良いので「菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬」を1日1回まで減量しましたが、風邪を引く事なく過ごせているとの事。
寒さが出てきても風邪を引いてないとおっしゃっていました。
 
寒くなっても風邪を引く事なく過ごせてるようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。