昭和29年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症の方になります。
 
10年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
病院のお薬を飲んでいたがクラリスに耐性が出来てしまった為、漢方薬で改善したいとの事でご相談に来られました。
 
症状としては血痰疲れやすさなどの症状になり、布団に入って上を向いた時や午後に良く出ているとの事。
痰の色としては透明の事が多く、血痰が混じる事があるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③咳や痰の煎じ薬(水の巡りを良くする煎じ薬)
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、中々改善が見られなかった為色々な漢方薬を試させて頂きました。
「水の巡りを良くする煎じ薬」を使わせて頂いた所、劇的に良くなったそうです。
 
漢方服用開始から1年、寒くなってきたが血痰も出る事なく過ごしているとおっしゃっていました。
痰の絡みが少し気になるが、前に比べたらほとんど出ていないとおっしゃっていました。
 
寒くなっていても症状が悪化することなく過ごせているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと良いですね。