昭和36年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
1年ほど前に痰が気になったので病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状が酷くなってきたのでこちらにご相談に来られました。
 
症状としてはが気になるとの事。
最初の頃は薄い透明の痰、何ヶ月かしたら膿状の痰が出てくるようになり咳も出るようになってきたとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
 
の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、一度風邪を引いてしまったが治ってから完全に咳・痰が止まったとの事。
気持ち的に大分楽になったとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、風邪を引きそうになっても引かずにすんでいるとの事。
咳や痰もほとんど出る事なく過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、肺が重たい時期があったが、咳は出ていないとの事。
体調は良いとの事でした。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、たまに痰が出るとの事で菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落とし「炎症を取る煎じ薬」を1日1回出させて頂きました。
煎じ薬が上手く効いてくれたおかげか咳や痰がほとんど出ずにすんだとの事。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。