昭和42年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」・「気管支拡張症」の方になります。
 
数ヶ月ごとに血痰・喀血がある為病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
他の漢方薬を試していたが改善が見られない為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては、血痰・喀血(数ヶ月毎)、疲れやすさとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、痰の量も減り、疲れは取れやすくなってきているとの事。
今の所、喀血などはしていないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、疲れる事が多いので血痰は出てしまう事があるとの事。
ただ喀血する事はなく、調子自体は悪くないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、忙しくしていた事もあり、一度喀血したがそれ以外は調子良く過ごせていたとの事。
酷くならずに過ごせているとの事でした。
 
少しずつ喀血や血痰の回数も減っているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。