昭和26年生 女性

影の改善も見られ、息苦しさもほとんどなくなりました。

今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。

半年くらい前より軽い咳と痰・息苦しさがあり病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
出来れば病院のお薬を飲みたくないという事でこちらに相談に来られました。

症状としては、咳と痰・息苦しさとおっしゃっていました。

漢方の種類としては、

①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬

の2種類の漢方薬を出させて頂きました。

漢方治療開始から3ヶ月、痰と咳が減っているとの事。
病院の検査でもレントゲンが薄くなっていると言われたそうです。

漢方治療開始から6ヶ月、先日病院での検査で更に影が薄くなっていると言われたそうです。
最初におっしゃっていた息苦しさも1週間に1回あるかどうかぐらいとの事。

漢方治療開始から9ヶ月、影は少し改善していると病院で言われたそうです。
症状では息苦しさはなくなったが、咳や痰に関しては日によってまだあるとの事でした。

漢方治療開始から1年、大分調子の改善も見えている為、菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬の量を減らし、肺を潤す煎じ薬を使わせて頂く事になりました。

菌の状態的には大分改善が見られている為、肺の治療に切り替えました。
肺の機能を戻す事で、再発防止にもなり調子の改善にもつながっていきます。
この調子で改善が見られていくと何よりですね。