昭和25年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症」・「気管支拡張症」の方になります。
 
2年ほど前に風邪を引いた時に病院に行った所、非結核性抗酸菌症・気管支拡張症と診断。
半年くらい前から咳や痰が止まらなくなってきた為ご相談に来られました。
 
症状としては体重減少風邪の治りずらさとおっしゃっていました。
痰の色は黄色~茶色、血痰も出た事があるとの事、咳に関しては横になっている時が一番酷いとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痰も減り咳も減っていたが風邪を引くと悪化するとの事で「脾虚の煎じ薬」に変えて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、風邪を引く事なく過ごせているとの事。
咳の量は全体的に減り、横になっても咳が出なくなってきたとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、風邪も引く事がなくなった為「気管支の炎症を取る煎じ薬」に変えさせて頂いた所、咳が最初の半分くらいまでは減ってきているとの事。
少しずつですが良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年、調子が良いとの事で菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落としましたが、体調は良いとの事。
咳・痰も減り調子良く過ごしているとの事でした。
 
体調良く過ごされているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。