昭和22年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症」の方になります。
 
5年ほど前に病院にて「非結核性抗酸菌症」と診断。
病院のお薬(クラリス・リファンピシン・リファンピシン・アストミンなど)を飲んでいたが改善が見られない為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては身体のだるさが気になるとの事。
痰の色は黄色になり、咳は1日中出ているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺の炎症を取る煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、症状に大きな変わりはないが2ヶ月前に写っていた「気胸」が改善していたとの事。
病院の先生も驚いていたそうです。
 
漢方服用開始から4ヶ月、息切れに関しては大きな違いはないが、咳や痰が少し改善しているとの事。
最初を10だとすると7くらいまで改善してきているとの事でした。
 
少しずつ改善が見られてきているようで安心いたしました。
大きく変わる事はないですが、少しずついい方向に向いているので引き続き改善が見られると何よりですね。