昭和37年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」です。
 
元々結核を患っていた為定期検診に病院に行った所、新しい影が出来ていたとの事。
CTなどを撮り詳しく検査をした所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断されたそうです。
 
症状としては「咳」「喉のイガイガ」「息苦しさ」などが気になるとの事。
息苦しさはスポーツをしている時に特に酷くなるとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①線維化を治す漢方
②菌を除去する漢方
③免疫を上げる漢方
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、CT検査がありCTを撮った所、病変の影がすっかりなくなって病院の先生が驚いていたとの事でした。
病院からも影がないからこなくても大丈夫と言われたそうです。
 
漢方服用開始から11ヶ月、喉のイガイガ・息苦しさも改善してるとの事。
菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回に減らし、肺を潤す煎じ薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、漢方を飲み始めてから体力がつき、疲れにくくなっているとの事。
咳は全く出ていないとおっしゃっていました。
漢方薬も菌を除去する漢方と免疫を上げる漢方を2日に1回で飲んで頂くように調節しました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、咳や痰・息苦しさなどの症状も全く出ていないとの事。
病院での検査も異常なしとの事で今回の漢方薬で治療を終了としました。
 
症状・影どちらも早期での改善が見られた患者さんになります。