昭和18年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
1年ほど前に病院に行った所、CT・レントゲンにて非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
 
症状としては、大きな症状はないものの動き出す時に身体がきつい・朝起きる時に身体が重たいといった事をおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、「動き出しのきつさ」や「朝起きる時の身体の重たさ」は血流からきているものと感じ
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③血流を良くする煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、「動き出しのきつさ」や「朝起きる時の身体の重たさ」などは全くなくなったそうです。
体力もついてきている感じがするとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、体調も良く元気に過ごせているとの事。
症状としても何も出ていないとおっしゃって頂けました。
 
漢方を飲み始めてから1年3ヶ月の方になります。
現在は大分調子も良いので漢方薬の分量もご自身の体調に合わせ服用してもらっています。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。