昭和16年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
1年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状が気になるようになってきたのでこちらにご相談に来られました。
 
症状としては息苦しさ動悸との事。
痰は朝に出る事が多く、息切れ・動悸は階段を上る時に一番気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、痰に関しては、1日1回まで減っているがまだ出ているとの事。
動悸や息苦しさに関してはなくなったとおっしゃっていました。

漢方服用開始から9ヶ月、病院に行った所、所々影が残っているけど1ヶ所大きく写っていた影が完全に消えていたと言われたそうです。
菌を除去する漢方と免疫を上げる漢方も1日1回に減量させて頂きました。

漢方服用開始から11ヶ月、最初におっしゃっていた痰・息切れはほとんど出る事がなくなったとの事。
調子は良いとの事でした。

漢方服用開始から1年1ヶ月、痰・息切れともに順調で症状なく過ごせているとの事。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、順調に過ごされているのでご本人の希望により治療終了。
症状は出ていないそうです。
 
症状が出る事無く過ごされているようで安心いたしました。
治療終了となっても症状が出る事なく過ごせると何よりですね。