昭和16年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
4年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
調子が悪い日が多くなっているとの事でご相談に来られました。
 
症状としては咳や痰も出るが、風邪を引きやすくなり微熱が出てしまう事が一番つらいとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③脾虚の漢方薬(疲れを取る漢方薬)
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
(脾虚とは、身体の疲れになり脾虚がおこると微熱・体重減少・食欲低下・疲れなどが起こります。)
 
漢方服用開始から3ヶ月、今年に入ってから風邪もひいていなく食欲も出てきているとの事。
免疫は上がってきていると思うとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、3ヶ月前くらいに咳が気になるとの事で漢方薬を一時変えたのですが、風邪を引いてしまった為、再び脾虚の漢方薬(疲れを取る漢方薬)を出させて頂きました。
それからは体調も良く風邪もひいていないとおっしゃって頂けました。
 
私自身も判断の難しい所なのですが、途中での治療を変える時は慎重にならないといけないと再認識致しました。
また漢方薬を戻したところ、夏バテもなく調子が良いとの事で安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと良いですね。