昭和33年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは花粉症・副鼻腔炎の方になります。
 
3年ほど前より花粉症になり毎年苦しまれているとの事。
体質を改善したいとの事でご相談に来られました。
 
季節になると「鼻詰まり」「眼の痒み」が一番気になるとの事。
透明の鼻水も出てしまう事もあるとおっしゃっていました。
 
まずは「鼻詰まり」を優先させて頂き漢方の種類としては、
 
①鼻の炎症を取る煎じ薬
②膿を取る煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、眼の痒みは例年くらい痒みがあるとの事。
鼻詰まりは出る事なく過ごせているとおっしゃっていました。
 
眼の痒みは出てしまいましたが、鼻詰まりが改善されているようで安心いたしました。
眼の痒みに関しては違った漢方薬を試してみたので、次回には改善が見られてくると良いですね。