真珠腫性中耳炎は漢方薬で早目に改善を。

 
耳漏が続いている…
 
耳の聞こえが悪い…
 
耳鳴りがするようになってきた…
 
「真珠腫性中耳炎」は手術なしでも改善が見られる病気になっています。
 
「真珠腫性中耳炎を漢方薬で改善しましょう」
 

 

真珠腫性中耳炎とは

「鼓膜」「外耳道(がいじどう)」の一部が「中耳腔(ちゅうじくう)」へ入り込み、「真珠腫」(真珠のような丸い塊)が中耳にできる病気です。(鼓膜よりさらに奥にある骨で囲まれた部分を「中耳腔」と言います。)
 
この「真珠腫」が周囲の骨を破壊して「難聴」「めまい」など様々な疾患を引き起こします。
 

真珠腫性中耳炎の原因

はっきりとはしていませんが「中耳腔が陰圧」になる事が原因と言われています。
 
「中耳の換気不全」により中耳腔は陰圧になりやすく、
 
・鼻のトラブル(アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎)
・アデノイド肥大や扁桃腺炎
・急性中耳炎(滲出性中耳炎)を繰り返す
 
などが原因と言われています。
 
中耳は耳管という管で鼻の奥にある「上咽頭」と繋がっている為、鼻のトラブルから「真珠性中耳炎」になる事も多いです。
 

真珠腫性中耳炎の症状

主な症状としては、
 
・難聴
・めまい
・顔面神経麻痺
・髄膜炎
・耳漏(耳だれ)
 
などです。(顔に感染が生じると「顔面神経麻痺」、頭蓋内に感染が生じると「髄膜炎」を起こします。)
 

真珠腫性中耳炎の漢方薬

原因としては「耳の炎症」「細菌感染」の場合が多いです。
 
その為、基本の漢方薬としては「炎症を改善する漢方薬」になってきます。
 
また「細菌感染」に関しては「菌を除去する漢方薬」を使う事や「免疫の低下」も細菌感染している原因になる為、「免疫を上げる漢方薬」を使う事が多いです。
 
その他にも症状により使う漢方薬が変わり、「耳漏(耳だれ)」がある場合は「漏れを防ぐ漢方薬」を使う事もあります。
 

真珠腫性中耳炎の症例

症例①(平成5年生 女性 服用開始時 20代前半)

1年ほど前に「耳漏」が気になり、病院に行った所「真珠腫性中耳炎」と診断。
他の症状も気になるようになってきた為、ご相談に来られました。
 
症状としては「耳漏」「耳の痛み」「難聴」が気になるとの事。
最近は「耳鳴り」もするようになってきたとの事でした。
 
漢方の種類は、

①炎症を改善する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③菌を除去する漢方薬

の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、耳濡が少なくなり耳の痛みも減ってきているとの事。
少しずつ改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、耳濡はほとんどなくなっているとの事。
耳の聞こえも少しずつ良くなっているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、耳濡・耳鳴りなく順調に改善が見られているとの事。
耳の聞こえも大分良くなり体調も良いとの事でした。
 
漢方服用開始から9ヶ月、調子が良いので治療終了とさせて頂きました。
耳漏・耳の痛みなく、耳鳴りもなく調子が良いとの事。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で悪化することなく過ごせると何よりですね。