慢性副鼻腔炎・蓄膿症を漢方薬で改善しましょう。

 
匂いがわからなくなった…
 
万年鼻が詰まっていて辛い…
 
嫌な匂いが鼻から離れない…
 
「慢性副鼻腔炎」「蓄膿症」で悩まれていませんか?
 
ずっと前からだから諦めているという方多いのではないでしょうか?
 
漢方薬には「副鼻腔炎」をひきおこす原因となる菌に効く「菌を除去する漢方薬」があります。
 
ぜひ一度漢方薬をお試し下さい。
 

 

慢性副鼻腔炎・蓄膿症について

鼻の奥にある「副鼻腔」という場所に、何かしらの原因で炎症がおきる事を「副鼻腔炎」と言います。(「副鼻腔」は「篩骨洞(しこつどう)」、「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」、「上顎洞(じょうがくどう)」、「前頭洞(ぜんとうどう)」の4つに分かれます。)
 
「副鼻腔炎」がおきて「副鼻腔」に膿が溜まっている状態が「蓄膿症」です。
 
最近では「副鼻腔炎」「蓄膿症」は区別する事なく「慢性副鼻腔炎」と言われている事が多くなっています。
 
近年「副鼻腔炎」の方は増えていて、急性と慢性を合わせると毎年「1000万人以上」の方が苦しまれている病気と言われるようになってきました。
 
また難病指定されている「好酸球性副鼻腔炎」という副鼻腔炎も「約2万人」くらいの方がいると言われ、年々増加傾向を示しています。
 

慢性副鼻腔炎・蓄膿症の原因

主な原因としては「副鼻腔」「ウイルス」「細菌」が感染する事で炎症をおこし「副鼻腔炎」になります。
 
「1ヶ月未満」で症状が治まる時が「急性副鼻腔炎」、症状が「3ヵ月以上」続く時が「慢性副鼻腔炎」です。
 
「ウイルス」「細菌」に感染する原因としては、
 
・風邪
・インフルエンザ
・花粉症
・虫歯
 
などです。
 
最近では「真菌(カンジタやアスペルギルス)」が原因の「副鼻腔真菌症」「好酸球」が原因の「好酸球性副鼻腔炎」なども多くなっています。
 
ストレス(自律神経の乱れ)が身体の疲れを引き起こし「免疫の低下」「細菌感染」に繋がる為、ストレスにも十分注意が必要です。

慢性副鼻腔炎・蓄膿症の症状

一番多いのは鼻に膿が溜まる事による
 
・鼻閉・鼻詰まり
・鼻汁
・嗅覚障害
 
などの症状です。
 
また鼻閉や鼻詰まりに関しては「鼻腔粘膜」が腫脹する事で出来る「鼻茸(鼻ポリープ)」が大きな原因とも言われています。
 
その他にも鼻の症状が出る事で「気管支疾患」「中耳炎」などの他の症状に繋がる事が多いです。
 

鼻閉や鼻詰まりによる症状

鼻呼吸が出来ない事による
 
・慢性咽頭炎や扁桃腺炎
・咽頭痛
・喉の炎症による咳
・集中力の低下
・睡眠不足
 
などです。
 
基本は口呼吸によっておこる「気管支疾患」が問題になってきます。(「口呼吸」は喉を乾燥させてしまう事で「咽頭痛」「咳」を誘発します。)
 
また夜間の鼻詰まりは「イビキ」「睡眠時無呼吸症候群」による睡眠不足に繋がる事が多いです。
 
睡眠不足は「日中の集中力の低下」「頭重感」「疲れ」などを引き起こしてしまいます。
 

鼻汁による症状

鼻汁が喉に流れてしまう「後鼻漏」は痰や咳となり気管支炎に繋がります。
 
その他にも「前頭洞(ぜんとうどう)」に鼻汁が溜まる事による「頭痛」や細菌感染をしている事による「中耳炎」などの症状を引き起こす事が多いです。
 
鼻の症状だけではなく「気管支疾患」などの他の症状にもご注意下さい。

慢性副鼻腔炎・蓄膿症の漢方薬

基本的には「炎症を取る漢方薬」「菌を除去する漢方薬」を中心で使っていきます。
 
そこに加え
 
・濃い鼻水の量が多い場合は「膿を取る漢方薬」
・鼻茸(鼻ポリープ)がある場合は「鼻茸(鼻ポリープ)を改善する漢方薬」
・鼻閉がひどい場合は「粘膜の炎症を取る漢方薬」
 
などを症状によって併用する事が多いです。
 
細菌感染をしている為、どの菌に感染しているかを確認しながら「菌を除去する漢方薬」を使う事が大事になってきます。
 

慢性副鼻腔炎・蓄膿症の症例

症例①(昭和30年生 女性)

最初は、花粉症で苦しんでいたが悪化してしまい「慢性副鼻腔炎」と診断。
症状が酷い時に抗生剤を飲むという対処をしていましたが最近になり症状が酷くなった為、ご相談に来られました。
 
症状としては「鼻詰まり」「黄色の鼻」・最近は「後鼻漏」も併発してしまっているとの事。
「鼻詰まり」などで眠りずらい時も増えてきているとおっしゃっていました。

漢方の種類としては
 
①膿を取る漢方薬
②鼻茸(鼻ポリープ)を改善する漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、大分調子が良くなっているとの事。
鼻が通るので、眠りに関しても改善が見られているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、食べ物を食べても匂いを感じなかったが、最近は匂いを感じるようになっているとの事。
鼻の通りも良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、飲み忘れる事もあるが調子は悪くないとの事。
大分匂いもするようになっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、大分調子が良くなっているとの事で今回で治療終了。
症状も気にならなくなっているとの事。
 
本来であれば体質改善の為もう少しお時間を頂きたかったですが、調子が改善され安心いたしました。
この調子で再発する事なく過ごせると何よりですね。

症例②(平成1年生 男性)

小さい頃より風邪を引きやすく、喘息・鼻炎・副鼻腔炎に悩んでいたとの事。
体質を改善したいとの事でご相談に来られました。
 
色々な症状に悩まれていましたが、一番気になる「鼻詰まり」「気管支」を先に改善したいとおっしゃっていました。
また上咽頭に痛みが出る事もあり、そこから体調も崩してしまうとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①鼻の炎症を取る煎じ薬
②気管支を強くする煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、鼻の詰まりは大分改善が見られたとの事。
鼻の通りが良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、鼻水が出る事はあるが「副鼻腔炎」・「上咽頭炎」は大分調子が良いとの事。
体調も良い日が増えているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、花粉の時期が重なり少し鼻が気になる時期があったが例年に比べると大分調子は良いとの事。
調子良く過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
少し鼻の調子が悪くなりましたが、酷くならずにすんだようで安心いたしました。
少しずつ改質改善が出来ていると思いますので、引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。
 

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 鼻疾患(鼻炎・花粉症・蓄膿症)