血管運動性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎や花粉症などと同じ症状が起こるのにハウスダスト(ダニやペットの毛)や花粉(スギ、ヒノキ、ブタクサ)などのアレルゲンが見つからない場合を「血管運動性鼻炎」と言います。
 

血管運動性鼻炎の原因

アレルゲンが見つからない為、
 
寝不足や慢性的な疲れ
 
精神的なストレス
 
などで「鼻粘膜の自律神経の異常」が起こり、アレルギー性鼻炎と同じ様な症状を示します。
 
又、急激な温度変化により症状が出やすい事から「寒暖差アレルギー」とも呼ばれ、夏の暑い時期に冷房の効いた室内に入ったり、冬の寒い時期に暖かい室内に入るとくしゃみなどのアレルギー症状なども出る事が多いです。
 

血管運動性鼻炎の症状

花粉症・アレルギー性鼻炎とは違い「くしゃみ」は比較的少なく、温度の変化で鼻汁分泌亢進、鼻粘膜拡張がおこる為、「鼻水」「鼻づまり」などの症状を訴える方が多いと言われています。
 
鼻水の色は、蓄膿症などに多い「黄色の鼻水」よりも、花粉症・アレルギー性鼻炎と同じく透明の鼻水が出てきます。
 
「鼻水」「鼻づまり」が寝ているときも続くため、「寝不足」になったり口で呼吸することで「喉の痛み」を訴える方もいらっしゃいます。
 

血管運動性鼻炎の漢方

使っていく漢方薬は、その方の原因や症状によって変わってきます。

鼻づまりが酷い方

鼻づまりは鼻粘膜拡張から「鼻の血流が悪くなり」鼻づまりを起こします。
 
「活血剤」「駆オ血剤」と言われる血流を良くする漢方薬を中心に組ませて頂く事が多いです。
 

鼻水が酷い方

アレルギー性鼻炎や花粉症と同じく鼻水を「水滞」「水毒」として捉えていきます。
 
身体の中の水が上手く循環していない状態になり、「小青竜湯」を中心に色々な漢方薬を組み合わせていきます。
 
詳しくは「花粉症・アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻水)」のページに書いていますのでご覧になってみて下さい。
 
花粉症・アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻水)
 

ストレスが強い方

鼻粘膜の自律神経の異常からきている事から「自律神経を整える漢方薬」をメインで使わせて頂きます。
 
「自律神経を整える漢方薬」に関しては、一人一人使っていく漢方が異なってきます。
 

 
患者さんの声に症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 鼻疾患(鼻炎・花粉症・蓄膿症)