めまい(眩暈)は、漢方で治る。

 
「病院でお薬を出してもらったけど効かなかった…」
 
という経験をされた方も多いのではないでしょうか?
 
めまい(眩暈)は、漢方が得意としている疾患になります。
 
めまい(眩暈)は、自分の症状に合った漢方薬を服用していく事が重要になります。
 
まずは、自分がどの種類のめまいが出ているのか確認してみましょう。
 
疾患ごとの説明、症例も書いていますのでぜひご覧になって見て下さい。

めまい(眩暈)の種類・漢方薬について

 

ふわふわするめまい(眩暈)

 
雲の上を歩いているような、ふわふわするめまい(眩暈)の原因は、自律神経の乱れに伴う「ストレス性のめまい(眩暈)」になります。
 
頭や身体がぐらぐらと揺れているような感覚のめまいの「動揺性めまい(眩暈)」も自律神経の乱れに伴う「ストレス」が原因になってきます。
 
「ふわふわするめまい(眩暈)」や「動揺性めまい(眩暈)」の場合は、「耳鳴り」「頭痛」「難聴」などめまい(眩暈)以外の症状が出る事も多いです。
 

ふわふわするめまい(眩暈)の漢方薬


 
ふわふわするめまい(眩暈)には、ストレスを和らげるような漢方薬を使っていきます。
 
特に症状により使い分ける事が多く、
 
耳鳴りや難聴が併発する場合→「蘇葉」など発表作用が入っている漢方薬
 
頭痛がする場合→「白朮」「茯苓」などの水の流れを良くする生薬が入っている漢方薬
 
を使っていきます。
 

回転性のめまい(眩暈)

自分や周囲(天井や壁など)がグルグル回って見えるめまい(眩暈)を回転性めまい(眩暈)といいます。
 
内耳の三半規管(さんはんきかん)が関係していて、耳の中に水が溜まる事でおこると言われています。
 
水の流れが悪くなる事でおこる「水滞のめまい(眩暈)」が回転性のめまい(眩暈)になってきます。
 

回転性のめまい(眩暈)の漢方薬


 
回転性のめまい(眩暈)は「水滞のめまい(眩暈)」が原因の為、「水の流れを良くする漢方薬」を使う事が多いです。
 
また、吐き気などの症状を併発する時は「吐き気を止める漢方薬」も併用させて頂きます。
 

立ち眩み、クラっとするめまい(眩暈)

 
立ちくらみは、脳内の血液や酸素の供給量が一時的に減少し、意識が遠のいたり、視界が遮られたりという「脳貧血」の症状を起こします。
 
血流の流れの悪さによる「血栓性のめまい(眩暈)」がこのタイプのめまい(眩暈)になってきます。
 
他にも自律神経の乱れも立ちくらみを誘引することがあり、普段から低血圧気味の人や、逆に高血圧気味の人はこのタイプの事が多いです。
 

立ち眩み、クラっとするめまい(眩暈)の漢方薬


立ち眩み、クラっとするめまい(眩暈)は「血流の流れを良くする漢方薬」を使います。
 
低血圧の方には、「地黄」が入っている血虚(貧血)の漢方薬を併用する事が多いです。
 
めまい(眩暈)の漢方薬を飲む際は、どのような種類のめまい(眩暈)が出ているのか・他にはどのような症状があるのかが大事になってきます。
 

めまい(眩暈)の症例

ふわふわするめまい(眩暈) 症例(昭和43年生 女性)

めまい(眩暈)と難聴が気になりご相談に来られました。
 
2年ほど前より耳の詰まった様な感じが気になり、ひどい時は「ふわふわするめまい(眩暈)」になってしまうとの事。
病院では難聴気味と言われただけでお薬を出してもらっても大きな変化はなしとおっしゃっていました。
 
めまい(眩暈)耳の詰まりが同時におこっているので漢方の種類としては、
 
①めまい(眩暈)の漢方薬(ストレスを和らげる漢方薬)
②難聴の漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、ほとんどしなくなっているとの事。
難聴は大きく変わりはなしとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、めまい(眩暈)・耳の詰まりどちらも改善が見られているとの事。
特にめまい(眩暈)の調子が良く漢方薬を飲んでからほとんどおこっていないとおっしゃっていました。
調子が良いのでめまい(眩暈)の漢方薬の分量を1日1回へ落とさせて頂きました。
 
漢方服用開始から2年、めまい(眩暈)・耳の詰まりともに調子が良いので治療終了とさせて頂きました。
 
漢方薬服用し始めてから2年で治療終了になった方になります。
 

回転性のめまい(眩暈) 症例(昭和9年生、男性)

朝方のめまい(眩暈)に苦しみご相談に来られました。
 
朝方にめまい(眩暈)がおきやすく、トイレに行くとき・目が覚めたときに、天井がぐるぐる回るとの事。
 
主な症状としては、回転性の眩暈(めまい)が酷く、ふらつきも訴えていました。
 
漢方の種類としては、回転性の眩暈(めまい)の為、「水滞」に効く漢方薬1種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、朝方におこるめまい(眩暈)はほとんどおこる事なく調子が良いとの事。
良くなっていると思うとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、漢方を飲んでから回転性のめまい(眩暈)がほとんどおこってないという事で治療終了。
まためまい(眩暈)がおこるようになったら来て下さいとお伝えしました。
 
他の治療のご希望もあったのでとりあえず7カ月で治療を終了させて頂きました。
早期での改善が見られたのでホッとしております。

立ち眩みのめまい(眩暈) 症例(昭和39年生、女性)

最近立ち眩みのめまい(眩暈)・難聴が酷くなりこちらに相談に来られました。
 
元々は回転性のめまい(眩暈)が酷かったが、最近は立ち眩みのめまい(眩暈)の方が酷くなっているとの事。
 
突発性難聴を1年ほど前に経験してその時から酷くなったとおっしゃっていました。
 
朝の起き上がりの時に立ち眩みのめまい(眩暈)が酷く出ているとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①血流を良くする漢方薬(めまい(眩暈)の漢方薬)
②難聴の漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、立ち眩みもする事がなくすっと起き上がれるようになったとの事。
耳の聞こえも良くなっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年立ち眩みが全く出ていないとの事。
耳の聞こえは良くなったり悪くなったりという感じとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年8ヶ月、引き続き立ち眩みはほとんど出ていないとの事。
耳の聞こえもある程度まで改善が見られた為、今回で治療終了とさせて頂きました。
 
立ち眩みのめまい(眩暈)、難聴共に改善の見られた患者さんになります。

疾患別説明、症例

疾患別に説明や症例もあげています。
 
ぜひご覧になって見て下さい。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 眩暈(めまい)