昭和25年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「気管支拡張症」・「副鼻腔炎」の方になります。
 
6~7年くらい前に肺炎で入院、その時に病院で「気管支拡張症」と診断。鼻は小さい頃から悪かったとの事。
最近になり症状が酷くなってきた為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「朝起きた時の咳」「息苦しさ」「たまに出る痰」が気になっているとの事。
鼻に関しては「ずっと詰まり続ける鼻閉」「鼻が詰まる事による息苦しさ」とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては
 
①膿を除く漢方薬
②炎症を除く漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳や息切れは少しずつ良くなっているとの事。
一番は「鼻詰まり」がほとんどしなくなった事とおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、花粉の時期になっても鼻詰まりがなく呼吸も楽に過ごせているとの事。
咳も少なくなってきているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、引き続き鼻詰まりはなく、元気に過ごせているとの事。
咳に大きな変わりはないが、痰は減ってきているとの事でした。
 
咳に関しては大きな変わりがないが、痰や鼻に関しては調子が良いとの事で安心いたしました。
順調に改善が見られているようなので、引き続きこの調子で改善が見られると何よりですね。