昭和30年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは、慢性副鼻腔炎・蓄膿症の方になります。
 
最初は、花粉症で苦しんでいたが悪化してしまい「慢性副鼻腔炎」と診断。
症状が酷い時に抗生剤を飲むという対処をしていましたが最近になり症状が酷くなった為、ご相談に来られました。
 
症状としては「鼻詰まり」「黄色の鼻」・最近は「後鼻漏」も併発してしまっているとの事。
「鼻詰まり」などで眠りずらい時も増えてきているとおっしゃっていました。

漢方の種類としては
 
①膿を取る漢方薬
②鼻茸(鼻ポリープ)を改善する漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、大分調子が良くなっているとの事。
鼻が通るので、眠りに関しても改善が見られているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、食べ物を食べても匂いを感じなかったが、最近は匂いを感じるようになっているとの事。
鼻の通りも良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、飲み忘れる事もあるが調子は悪くないとの事。
大分匂いもするようになっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、大分調子が良くなっているとの事で今回で治療終了。
症状も気にならなくなっているとの事。
 
本来であれば体質改善の為もう少しお時間を頂きたかったですが、調子が改善され安心いたしました。
この調子で再発する事なく過ごせると何よりですね。