昭和22年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、胸の重み・身体の疲れの方になります。
 
昨年の夏から「胸の重み」や「身体の疲れ」が出るように治らないとの事でご相談に来られました。
 
「身体の疲れ」が酷く体重が徐々に減少してきているとの事。
眠れないので入眠剤も飲んでいるとおっしゃっていました。
 
眠れない事もあるとの事で、ストレス性の疲れと感じました。
 
漢方の種類としては、
 
①自律神経の調節をする煎じ薬
②内熱を取る煎じ薬(胸の重みがあるとの事で)
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、疲れが大分取れてきているとの事。
体重は増えていないが、減りは止まってきているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、今月も疲れる事無く過ごせたとの事。
順調に改善しているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、胸の痛みもなく疲れもほとんどないとの事。
体重も増えているので一旦治療を終了する事になりました。
 
調子の改善が見られているようで安心いたしました。
引き続き今の調子で過ごせると何よりですね。