昭和24年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、心臓弁膜症(大動脈弁閉鎖不全症)の方になります。
 
4年ほど前より症状が出始め、息切れや動悸、倦怠感があるとの事でご相談に来られました。
病院での診断は心臓弁膜症(大動脈弁閉鎖不全症)と言われ、BNP(脳性ナトリウムペプチド)の数値も76.8H(正常値18.4H)と少し高めでした。
 
一番気になる症状としては、緊張した時と疲れた時の胸の圧迫と動悸とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①心臓の負担を抑える煎じ薬
②血流を良くする錠剤
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、ストレスがかかると調子が悪いと感じる時はあるが息切れや動悸が改善してきているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、先日病院に行きBNP(脳性ナトリウムペプチド)を計った所、42.6Hまで減少。
調子良く過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、引き続きBNP(脳性ナトリウムペプチド)も安定。
息切れや動悸に関しても特に気にならないとの事。
調子が良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、夏で少し疲れがたまりやすいが比較的調子が良いとの事。
動悸や息切れはあまりしていないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から2年2ヶ月、調子良く過ごしているとの事。
大きな症状はないので特に気にならないとおっしゃって頂けました。
 
漢方薬を服用してから胸の違和感は消えたとおっしゃって頂けました。
まだ疲れが出ると調子が悪い時もあるみたいなのでその部分の改善が見られてくると良いですね。
 
BNP(脳性ナトリウムペプチド)とは心臓(おもに心室)から分泌されるホルモンで、利尿作用、血管拡張作用、交感神経抑制、心肥大抑制などの作用があり、心筋を保護するように働きます。
心臓に負荷が増えたり心筋の肥大がおこると増加するので、血液中の濃度を調べることで、心臓の状態がわかります。
BNP(脳性ナトリウムペプチド)も安定しているとの事で、心臓の負担が減っているようで安心致しました。
この調子で改善が見られていくと良いですね。