不眠症(睡眠障害)

不眠症(睡眠障害)の改善は
体質に合わせた漢方薬で

 
「睡眠薬」を飲まないと中々眠れなくて…
 
途中で目が覚めて眠れなくなる…
 
眠りが浅くて寝た気がしない…
 
眠れないと心も身体も疲れてしまいます。
 
「漢方薬で眠れる生活を送りませんか?」
 
不眠症の原因は人それぞれです。
 
「体質に合わせた漢方薬」が改善の近道です。
 

不眠症(睡眠障害)の症状と漢方薬

漢方薬を考えていくうえで一番大切なのは「どのような不眠で悩んでいるか」です。
 
不眠症にも色々ありますが、ここでは大きく2つのタイプに分けて説明しますね。

「入眠障害」・「熟眠障害」の方の漢方薬

・寝つきが悪く、ベッドに入っても中々眠れない
・しっかり寝たはずなのに寝た気がしない
 
このようなタイプの方は「気の発散不足」「水の滞り」などから「自律神経の乱れ」がおこっている事が多いです。
 
「今後の不安」「過去のトラウマ」などがフラッシュバックして眠れず、人によっては「気になる出来事の夢を見る」事もあります。
 
そのような「入眠障害」・「熟眠障害」の方の場合は、
 
「気の発散を助けてくれる漢方薬」
「気の滞りを改善する漢方薬」
「水の巡りを良くする漢方薬」
 
などを使う事が多いです。

「中途覚醒」・「早朝覚醒」の方の漢方薬

・途中で目が覚めると眠れなくなる
・眠っては目が覚めてを繰り返してしまう
 
このようなタイプは「血毒症状(血の巡りとはまた違った症状)」などから「自律神経の乱れ」がおこっている事が多いです。
 
「これからどうしていくか」または「何か解決策はないか」など「物事を理論的に考え過ぎる」傾向にあります。
 
そのような「中途覚醒」・「早朝覚醒」の方の場合は、
 
「血毒を改善する漢方薬」
「血熱を鎮める漢方薬」
 
を使う事が多いです。
 
大きく2つに分けましたが、これ以外の症状も多々あります。
 
・トイレに何度も目が覚めて眠れない
・ずっと夢を見ているような感覚がある   など
 
不眠症の漢方薬は1つだけではないので、どのような原因から自律神経が乱れているのかを考えていく事が大切になってきます。

不眠症(睡眠障害)とは

「睡眠障害」とは
 
・寝る時間になっても眠れない
・日中に眠い状態が続く
・睡眠中に意識のないまま起きてしまう
 
など睡眠に関する様々な症状になります。
 
この色々ある「睡眠障害」の症状の一つが「不眠症」です。
 
男性よりも女性に多く、近年では「約5人に1人」が不眠と言われています。
 
20~30代に始まり加齢とともに増加、40代以降急激に眠れなくなる方が多いです。

不眠症(睡眠障害)の原因

色々な原因が考えられますが、
 
・不安やストレス
・体内時計の乱れ
・間違った睡眠習慣
・クスリの副作用
・性ホルモンの乱れ
 
などが挙げられます。
 
中でも「不安」「体内時計の乱れ」が不眠の原因になる事が多いです。
 
また「男女比」「年齢(生理が止まる、更年期症状など)」「性ホルモン」が大きく関係しています。

「不安」が「不眠」に繋がるのはなぜ?

皆さんも「次の日に大事な用事があって眠れない」という経験をした事があるのではないでしょうか?
 
子供が翌日の遊園地を楽しみにして眠れないように、大人でも色々気になって眠れない事は多いと思います。
 
不眠症の方は「眠れない事にも不安を感じている」事が多く、「どうにか眠ろうと考えてしまう事」がさらに不眠を悪化させてしまいます。

「体内時計の乱れ」について

近年では仕事の都合上、休みぐらいはいいかと「昼夜逆転の生活」をしている方も多いです。
 
「1日くらい…」「1週間くらい…」と思って積み重ねてしまう「休日の寝だめ」「長時間の昼寝」が少しずつ生活リズムを崩して「体内時計の乱れ」に繋がってしまいます。(海外に行った際の時差ボケのようなものです)
 
「朝日を浴びる」「昼寝は30分以内」を取り入れましょう。
 
朝日を浴びる理由として「睡眠を促すホルモン」である「メラトニン」が関係してくるからです。

「メラトニン」の作用とは?

朝日を浴びると体内時計からの指令で「メラトニン」の分泌が止まります。
 
「メラトニン」は目覚めてから薬14~16時間後に体内時計からの指令により再び分泌され、深部体温を低下させ休息に適した状態へと導いて睡眠を促進します。
 
この「メラトニン」は自律神経と深く関わりのある「脳の松果体」から出ているため、「自律神経の調節」が不眠症には一番大切になってきます。

不眠症(睡眠障害)の症例

症例①(昭和59年生、女性) 「入眠障害」

1年半ほど前から寝つきが悪くなり病院に行き睡眠薬を飲み始めたとの事。
睡眠薬を何度かやめようと試みるが眠れずに飲んでしまうため、漢方薬で眠れるようになれればと太陽堂にご相談に来られました。
 
寝つきが悪い「入眠障害」で悩まれていたので、
 
気の発散を助けてくれる漢方薬
水の巡りを良くする漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、最大2錠だった睡眠薬の量を半錠まで減らせているとの事。
少しずつ眠りの調子が改善してきているとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、この1ヶ月は、1錠も睡眠薬を飲んでいないとの事。
こんなに早く睡眠薬が減量できている事に私自身もビックリしました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、睡眠薬を抜いてから2ヶ月が経つのでそろそろ妊活を始めるとおっしゃっていました。
妊娠検査薬で陽性が出て病院に行った所、妊娠が確認。
 
妊娠が確認出来たため、ここで治療終了。
出産後にお子様の顔を見せにご来局された際には、不眠も改善して元気に過ごしているとの事でとても安心しました。

症例②(昭和22年生、女性) 「中途覚醒」

2ヶ月前位より不眠症に悩み睡眠薬(マイスリー)をもらっているが改善が見られないとの事で太陽堂にご相談に来られました。
 
入眠障害・中途覚醒どちらもあるが、途中で起きてしまう「中途覚醒」の方が気になるとの事でした。
原因としては「ストレス」で眠れなくなったとの事。
 
漢方の種類としては、
 
血毒を改善する漢方薬
身体を楽にする漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、寝つきも良くなり起きる回数も減っているとの事。
身体も楽になっているような気がするとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、この1ヶ月で睡眠薬は1回使った程度。
睡眠薬に頼らず眠れるようになったとの事。
 
漢方服用開始から4ヶ月、睡眠薬を飲まなくても眠れるようになったとの事。
順調に改善が見られているので、ご本人の希望により治療終了とさせて頂きました。
 
早期に改善が見られたため、ご本人の希望により治療終了とさせて頂きました。
これからも睡眠薬に頼らずに過ごしていけるとなによりですね。

 
症例・漢方治療歴に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
症例・漢方治療歴 不眠症(睡眠障害)
 
 
Q&A(良くある質問)
  
特にお問い合わせの多い内容を「担当薬剤師の前原」がお答えいたします
  
Q.急に病院のお薬を抜くのが不安です、最初は一緒に服用しても大丈夫ですか?
  
A.飲む時間をずらして頂ければ病院のお薬と併用しても問題ありません。
調子が良くなるにつれて少しずつ減らしていけば大丈夫ですよ。
  
Q.眠れない時に服用できる頓服の漢方薬はありますか?
  
A.どうしても眠れない時には頓服で服用できる漢方薬もございます。
詳しくはご相談くださいね。
  
Q.睡眠薬はクセになると言われますが漢方薬は大丈夫ですか?
また、最終的には漢方薬抜きでも眠れるようになりますか?

  
A.漢方薬には依存性のあるような副作用はございません。
最終的には漢方薬を抜いても眠れている方が多くいらっしゃいますのでご安心ください。
  

 

 
太陽堂の特徴
 
”当薬局のHPをご覧いただき、ありがとうございます。
私たち太陽堂は「一人でも多くの方の笑顔を見る為に」という思いのもと開局しました。
漢方薬とお客様の出会いがお悩み、体質改善の一助になれれば幸いです。”
 
特徴その1.
当薬局では、お客様「ひとりひとりに合わせた漢方薬」をその場で調合いたします。
そのため初めてのご相談では、「約1時間~1時間半」ほど相談時間をいただいております。
(遠方のお客様や、お忙しいお客様へは配送の受付もしております。詳しくはお問合せください)
 
特徴その2.
お作りする漢方薬は、国内外から厳選した生薬の力を、余すことなくお客様に届けるため
「煎じ薬」をお勧めしております。
 
特徴その3.
当薬局は漢方専門の薬剤師が「得意とする専門分野」にわかれて日々研鑽しています。
お客様の健康を第一に考え、漢方の勉強会なども積極的に開催しております。
 
「担当薬剤師」 前原 信太郎
 
「学術発表 実績」 2017年 学術発表
 
調剤薬局の薬剤師として6年間勤めました。
漢方の勉強をして、より患者さんの治療の選択肢の幅を広げたいという思いから「漢方の道」に。
調剤薬局も経験している為、西洋学の知識も勉強を積み今に至ります。
 

 

 

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。