昭和31年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症) の方になります。
 
2年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症) と診断。
最近になり症状が酷くなってきた為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては食欲不振に悩まれていました。
 
一番気になるのが痰になり「黄色の痰」が時間帯に関係なく出てしまっているとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方
②免疫を上げる漢方
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、咳に関しては改善が見られたが痰はほとんど変わらないとの事。
 
漢方服用開始から7ヶ月、中々痰の改善が見られなかったので、「副鼻腔炎・蓄膿症の煎じ薬」を副鼻腔炎に対して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年、痰がほとんど出なくなり上を向いている時だけ気になるとの事。
「咳」は出る事なく「疲れ」も感じないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、他の症状はないのですがまだ痰が気になるとの事で「副鼻腔炎・蓄膿症の煎じ薬」を減量、肺の炎症を取る粉薬を1日1回出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年9ヶ月、上を向いても症状が出なくなったとの事。
調子が良いとおっしゃって頂けました。
 
全部の症状を取りきるまで時間がかかりましたが、症状の改善が見られ安心いたしました。
体質改善にはもう少し時間がかかりますが、引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。